八ヶ岳キリスト教会

八ヶ岳キリスト教会は、山梨県北杜市高根町にある緑豊かな大自然と、美しい八ヶ岳や南アルプスに囲まれた、小さいけれど暖かいプロテスタントのキリスト教会です。

【教会の住所・電話】


〒408-0012
  山梨県北杜市高根町箕輪3219-2

  教会電話:080-3450-8759

その他

スマホの中で

娘からラインで画像を見ながら会話をした。

一歳になった孫も映っている。
会話の途中で気づいた。
画面の上の方に、なにか、黒いものが写っている。

よく見ると、オレのようだ。

場所が悪いのかと思って、蛍光灯の真下に来て例のスマホ画面の上の黒い物を見ると。
やはりオレの顔だ。

こんなに黒いのか思い愕然とした。

 

田舎牧師、只今、農民牧師を半日している。
午前中の勤務だ。
朝、仕事の前に必ず日焼け止めクリームを塗って仕事にかかる。
日焼け止めクリームの効き目、一体どうなっているんだ。

 

3年前になるだるうか。教会の経済の事を考え毎日、朝祈り始めた。

始めはハローワークへ行くのには正直なところ、抵抗があり、敗北感があった。
しかし、祈って1年程のころ、これは、神様が私の為に用意して下さったと確信持てたる職場にであった。

なんと、この年にして正社員。
不思議な事に、この仕事をし始めてから教会の経済も良くなってきた。

なにより、良いのが職場の人間関係が非常によい。

勉強になる。すごく教えられる。

 

神様に感謝。

<神はみこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせて下さるのです。すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。>
新約聖書 ピリピ2;13~14

小さな教会堂 でも

今日スマホで、教会のホームページを探していたら、
誰かが、教会の建物を見て評価していた。
5点満点中で2点との事。
2年前の評価。

私もこの評価は当たっていたと思う。

でも、私は、この教会が、この建物が大好き。
なぜなら、十か月前から一人の教会員によって外壁を白いペンキで塗り始めた。

レンガ一つ、一に、非常に時間をかけて、私たちも塗った。

しかし、後に更に、丁寧に細かく塗ってくれている。
長女はわざわざ、この会堂で結婚式を行った。
彼女の願いであった。
教会内も、誰かが何かしてくれている。
毎週、来るたびに何かが変わっていると言っていい。

この建物、この礼拝堂にひざまずく時、神の平安が与えられる。

今は、祈る時、国道を行きかう自動車の音も気にならない。

だから、週5日、午後、祈りの時をもっている。

それが、私にとっても、もっとも平安の時だから。

神様の臨在、教会員の一人一人の神様への思いがつまっている会堂だから。

「私は、あなたがたに平安を残します。私は、あなたがたに私の平安をあたえます。私が、あなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心騒がせてはなりません。恐れてはなりません。」

イエスキリストの言葉 ヨハネ14:27

田舎牧師

 

風で吹っ飛んだ看板

古い話ではあるが、今年の3月に大風があった。

翌日、警察から、「看板が吹っ飛んでしまいたよ」との連絡を受けた。

八ケ岳教会で唯一、自慢できるものは、この看板だと考えていた。

そして、2週間後に私たちの教会を会場として地区会(牧師の集い)が初めてもたれる事になっていた。

私は、冗談半分に「唯一、自慢できる物はこの看板です。」と言おうと思っていた。

ところが、その看板は一番目立つ、高速道路から見える面が、あわれ、全部飛んで無くなってしまった。

探してみると、道路の反対側の崖下に2つに割れ、しかも変形して落ちていた。

何でこんな事が、と思ったが、神様に感謝が沸いてきた。もし、この看板が道路を走っている自動車にに当たったなら大変な事になったのに。

神様は2度と吹き飛ばない崖と大きな木の間に保管して下さった。

なんと、感謝なことか。

そして、教会の男性たちで看板の骨組みのテッペンに十字架を付けた。

そして、看板を再建し、さらにもう一つの看板を造ってもらう事が決まった。

ハレルヤ!

この事を通して、私が神様から教えられた事が、なにより、うれしい。

それが、これ。
<<主が、憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌み嫌うものが7つある。高ぶる目、偽りの舌、・・・・旧約聖書、箴言6;16~19>>

そう、何も自慢するものが無いからと言って色あせた看板ですら自慢してしまおうとした私でした。

笑えますね。

神様に感謝です。

只今、工事中

田舎牧師奮戦記

トマトさんのブログでおなじみの田舎牧師がブログのバトンを受け取りました。

田舎牧師の書きやすい様にブログの形を変えていただくため、しばらく工事のをします。

トマトさんや大盛りうさぎさんの様に、書けるとよいのですが。

よろしくお願い致します。