八ヶ岳キリスト教会

八ヶ岳キリスト教会は、山梨県北杜市高根町にある緑豊かな大自然と、美しい八ヶ岳や南アルプスに囲まれた、小さいけれど暖かいプロテスタントのキリスト教会です。

【教会の住所・電話】


〒408-0012
  山梨県北杜市高根町箕輪3219-2

  教会電話:080-3450-8759

ブログ3回目

ブログ3回目

コメントを残してくださる方は、上の「新着情報」のタイトルをクリックしてください。

記事の最下部にコメント欄が表示されますので、ここに入力してください。

 

第3回目のブログです。

もし、お手すきの時間がありましたら、本ブログを読み、楽しんだり癒やされたりして頂けたなら、筆者としては大変うれしく思います。


さて、2018年5月6日の主日礼拝についてお話しますね。

まず、聖書箇所は、「新約聖書 ヨハネの手紙第一2章1~11章」です。

 

<聖書箇所:ヨハネの手紙第一>

2:1 私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方があります。それは、義なるイエス・キリストです。

2:2 この方こそ、私たちの罪のための、――私たちの罪だけでなく全世界のための、――なだめの供え物なのです。

2:3 もし、私たちが神の命令を守るなら、それによって、私たちは神を知っていることがわかります。

2:4 神を知っていると言いながら、その命令を守らない者は、偽り者であり、真理はその人のうちにありません。

2:5 しかし、みことばを守っている者なら、その人のうちには、確かに神の愛が全うされているのです。それによって、私たちが神のうちにいることがわかります。

2:6 神のうちにとどまっていると言う者は、自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません。

2:7 愛する者たち。私はあなたがたに新しい命令を書いているのではありません。むしろ、これはあなたがたが初めから持っていた古い命令です。その古い命令とは、あなたがたがすでに聞いている、みことばのことです。

2:8 しかし、私は新しい命令としてあなたがたに書き送ります。これはキリストにおいて真理であり、あなたがたにとっても真理です。なぜなら、やみが消え去り、まことの光がすでに輝いているからです。

2:9 光の中にいると言いながら、兄弟を憎んでいる者は、今もなお、やみの中にいるのです。

2:10 兄弟を愛する者は、光の中にとどまり、つまずくことがありません。

2:11 兄弟を憎む者は、やみの中におり、やみの中を歩んでいるのであって、自分がどこへ行くのか知らないのです。やみが彼の目を見えなくしたからです。


<説教の概要>

  • もし、やむを得ず罪を犯してしまっても、イエス様が弁護をしてくださるので、神様は罪を赦してくださいます。
  • 罪を犯してしまった時は、神様に心から「ごめんなさい」と謝ることが大切で、これにより神様はあなたに力を与えて下さいます。
  • 「神様を知っている」とは、神様の命令を守っている者で、常に神様に目を向け、祈ることを忘れません。
  • 神様を知っていれば祝福が来ます!
  • 「隣人をあなた自身のように愛しなさい」とありますが、時に、愛が通じ会えないような場合もあります。神様はこの様な試練を通じ、愛し合うことを訓練してくださいます。
  • 赦し合い、愛し合うことが出来る教会は素晴らしい。

 


<神様が僕に与えってくださった祝福:プロフェッショナル篇>

神様の祝福で一番わかり易いものは、直球的な祝福で、経済の祝福や病の癒やしなど、一発で幸福に結びつく祝福ですよね。

しかし、僕に与えられた祝福は、この世的に分かりづらい祝福です。

有名な「ある兵士の祈り」というのがありますが、僕の祝福はあんな感じです。

曰く、


大きなことを成し遂げるために、 
力を与えてほしいと神に求めたのに、 
謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった。 

より偉大なことが出来るようにと、健康を求めたのに、 
より良きことができるようにと、病弱を与えられた。 

幸せになろうとして、富を求めたのに、 
賢明であるようにと、貧困を授かった。 

世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに、 
得意にならないようにと、失敗を授かった。 

人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに、 
むしろ人生を味わうようにと、シンプルな生活を与えられた。 

求めたものは何一つとして与えられなかったが、 
願いはすべて聞き届けられていた。 

私はあらゆる人の中で、 
もっとも豊かに祝福されていたのだ。 

 

まさにコレです。


僕はうつ病に罹患している状態でクリスチャンになりました。

所謂、苦しいときの神頼みで、教会に通い始めました。

ちなみに、発病から現在までの状況は次のとおりです。


<闘病歴など>
・ 2004年にうつ病を発病

・ 2007年に4年間付き合ってきた彼女に振られた

・ 2009年4月に受洗

・ 2009年には一旦症状が安定し、職場復帰 

・ 2010年にうつ病が再燃 、そして糖尿病となる(Hba1c=14%)

・ 2011年に職場復帰の訓練のため、クリニックの「リワークプログラム」に参加 

・ 2012年7月に職場復帰 
・ 2012年11月にうつ病が再燃 
・ 2012年12月に仕事の継続が困難となり、19年間勤めてきた給料の良い正社員の仕事をクビ 

・ 2013年4月に公園の管理人の仕事を見つけ就職 

・ 2014年1月に住宅ローンが払えずマイホームを売却し、公営団地に引っ越すと同時に、カードーローンが支払えないので、自己破産手続きを開始

・ 2014年7月に自己破産処理完了。これで僕は立派な自己破産者となりました

・ 2014年8月に一般就労を諦め福祉就労の「就労継続支援A型事業所」に通所開始 

・ 2015年9月にうつ病が悪化し、「就労継続支援A型事業所」をクビ
・ 2015年10月から、より仕事の負担が軽い「就労継続支援B型事業所」に通所開始 

・ 2016年2月からうつ病が悪化し、同年4月に「就労継続支援B型事業所」をクビ 
・ 2016年4月からうつ病の治療に専念するため、通院している病院のデイケアでリハビリをしています。 
・ 2016年年末頃から社会復帰のリハビリとして記事ライティングの在宅ワークを始めました。 

・ 2018年現在も同じ状況です


コレは僕が某SNSで自己紹介欄に記載している内容を少し加工したものです。

 

見てのとおり、

うつ病発病→正社員の仕事をクビ→貧困化→マイホームを手放す→自己破産→その後は仕事クビの連続

と、一見すると不幸の連続のように見えますよね。

 

でも、コレ、実は祝福の連続なんですよ。

もちろん、祈って求めたもの、例えば、病の癒やし・経済の安定・仕事への復帰などは全く叶えられませんでした。

しかし、やはり、祝福の連続で、僕は神様に日々感謝しています。

 

それは、まず、貧乏だけど生活する上で必要なものは全て与えられています。

そして、マイホームを手放したり、自己破産を経験することができ、人生の深さを感じることができました。

仕事を何度もクビになり、「僕は自分の力では何も出来ない」言い換えれば、「神様に委ねることの大切さ」を学びました。

現在、障害者年金を受給しているため、定職につかず、社会復帰に向けてデイケアでリハビリを行っていますが、働かない時間を頂きました。

僕は中学生・高校生・社会人・大学生・社会人と、14才からずーっと働いてきました。

人生という長いスパンを考えると、無職の今は、まさに中学時代から馬車馬のように働いてきた自分の総労働時間の帳尻合わせを行っているように感じます。

14年にも及ぶ火の試練を乗り越えての平安な無職暮らし。

この生活を送るにあたり、神様に日々感謝をしています。

まあ、とにかく、悩みもなく平安な日々です。

 

「ある兵士の祈り」のごとく、

求めたものは何一つとして与えられなかったが、 
願いはすべて聞き届けられていた。 
私はあらゆる人の中で、 
もっとも豊かに祝福されていたのだ。 

と僕も感じています。

本当に神様に感謝する日々を送っています。


10:9 なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

10:10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

10:11 聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

10:12 ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。

10:13 「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。(ローマ10章9~13節)


 

長文すみませんでした。

読んでくれてありがとうございます。

 

 

2018年5月6日

大盛りうさぎ


おまけ

僕は、ヒップ・ホップが好きなので、この名曲のヒップ・ホップバージョンもなかなか気に入っています。

(´∀`)

« »

コメント

  • キバナシャクナゲ より:

    このブログたくさんの人に読まれるといいですね。
    読み終わって鳥肌が立つほど心を打たれました。
    神さまにに愛されている方ですね。 羨ましい。
    感動しました。 感謝です。

    • 大盛りうさぎ より:

      やはり、このタイプの祝福を説明するのには、時間もかかりますし、そして、中には、コレを証しと受け取れない人もいるかも知れ無いと思いましたので、教会では証ししませんでした。

      このように、なかなか、礼拝の場での「証し」としては言いづらい案件でしたので、このブログで証できて良かったと思います。

  • ドングリジイサン より:

    ”神の存在”、”神の祝福”、”神の愛”を身近に感じました。

    • 大盛りうさぎ より:

      ありがとうございます。

      そう言っていただけると、大変嬉しく思います。

  • ドングリジイサン(2) より:

    「七転び八起き」のことわざのとおり、七回転んでも八回起き上がればよい。 これにちなんで、自己破産者や破産寸前の人を励ます「八起会」というクラブが結成されている。 会の名称だけで、なんとなく希望が出てきそうだ。 「恐れず破産して、出直そう」がモットーのようである。

    人生は「七転び八起き」である。 何度でもやり直すことができるのだ。 「正しい者は七たび倒れても、また起き上がる」
    (箴言24:16)

    ササキ・アイザック・ミツオ著
    「どんなことにもくよくよするな!」 Don’t W0rry!
     より

    • 大盛りうさぎ より:

      そうですよね。

      自分は、ライムスターというHip-Hopグループの歌詞に出てくる「スリータイム・トゥワイス・ワンス・ワンスアゲイン」という言葉に励まされました。

      ちなみにこんな曲です。
      (https://www.youtube.com/watch?v=0JxL3zWIWtQ)

      人生何回でもチャレンジできますし、また、自分はたった一人ではなく、神様も一緒に歩いてくださるので、安心ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。